My logbook : 屋久島暮らし残照録 
  Home > 目次 > 記事
  日誌編:  No.134  
キッチンセット(台と吊戸棚)_移住27年で全取り換え 2022.04.04
 
食事管理をするようになってから、台所に立つと腰や首が痛くなることが多い。なぜかと考えていたのだがどうも調理台の高さが低いからのような気がして来た。そう言えば、27年くらい前に引っ越して来たときからときどき妻がキッチンの高さが低いと言っている。妻に言わせると大工さんがあまり背が高くないのでこの高さでよいかというような疑問を持たなかったからではないかということである。

台所は一番居て作業するのだから海の景色がよく見えるところに間取りしてキッチンをレイアウトしてほしいという妻の願いを入れていまの場所にしたのだが、キッチンセットの仕様については引っ越し前年に177cmの私が家を建ててくれる大工さんにお任せしたものである。そして大工さんは妻は背が低いと思っていたのかも知れない。しかし妻は162cmである。キッチンの高さは身長の1/2プラス5cmがよいと言われているから、妻なら86cm、私なら90cmくらいがよいということらしい。いまの高さは80cmだから、それと比べれば妻では6cm、私でなら10cmは低いことになる。

新しいキッチンセット いままでのキッチンセット

今年になって、私が腰の痛さに我慢するのも限界のような気がして来てキッチンの高さを高くしたいと思うようになった。そこでもう長年使って傷んできているキッチンセットをこの際高さ85cmにしたものに全て交換することにした。キッチンの高さはどこのメーカーでも標準は80cmみたいでそれを台輪スペーサーというので5cmかさ上げすることしか出来ないようなので、85cmにすることにしたわけである。

キッチン正面の出窓上に付いている吊戸棚も交換となる。キッチンの各台と同様傷んで来ているし、下地をしっかりせず取り付けられていたからか前に傾いて来ている。棚にボールを乗せると転がって落ちて来る。妻は傾いているから収納するものを考えてセーブしているとよく言っていたのでしっかり設置してもらうことにした。

そしてカタログを取り寄せキッチンセットの仕様を決めてから以前ガス台を取り換えてもらった取り扱い業者に注文した。設置当日、棚取り付けを業者が頼んだ大工さんがやってくれたあと、残りの台周りの設置をその業者がやってくれた。セットの色がいままでの暗っぽいブラウン系から新しくアイボリー系になって台所全面明るくなって気分的にもすっきりした感じになった。

しかし新しいキッチンで腰痛などに効き目があったかどうかはいまのところ定かではない。妻は作業し易くなったと言っている。もう年で先はあまりないのでその残り時間の苦痛を少しでも軽減できればよいし、それ以上に気分よく過ごせればよい。少しでもそうであれば全交換した意味はあるのかも知れない。


(関連記事)
屋久島生活の断片:日誌編:
  No.94  ガステーブルのこと  [2002(H14).05.07]
  No.114  ガス台変更のこと  [2003(H15).02.24]
屋久島方丈記:偏見ご免のたわごと編:
  No.478  排水管の床部結合部から異臭  (2018.09.10)

屋久島暮らし残照録・日誌編:
  No.137  キッチン取替えで気になった_ガス台や水切りかごの設計  (2022.04.18)

.   
 
  back