My logbook : 屋久島暮らし残照録 
  Home > 目次 > 記事
  日誌編:  No.082  
就寝時の音楽プレーヤー_ウォークマンに買い替え 2021.06.28
 
2005年か06年ころ買って寝るときに聞いたりしていたiPodが今年になって不調になった。初めは充電器のコンセントへの差し込み部がグラグラになって来て絶縁テープで固定しながら使っていたのだが、そのうち充電できなくなった。そこでスマホ用の充電器で充電して使っていたのだが、今度はその充電器で充電していてもバッテリーが充電されていないというような表示が出るようになった。多分充電できなくなったようである。ネットでiPodの不調に関して調べてみたら、電池交換とか修理の費用が結構かかりそうな記事があったので、もう15年くらい経っているので新しいものにすることにした。

  ウォークマン(左) と iPod(右)

そこでまたネットで何か適当な音楽プレーヤーはないか探してみたのだが、いまはまず出てくるのはソニー のウォークマンである。そこで私の使っていたむかしのiPodに替わるものとしてどのウォークマンがよいのかと見ていたら、Aシリーズ 16GB NWーA55をすすめている記事があったので、その記事の内容に納得してそれを購入することにした。最大45時間連続再生ということなので毎回1時間でオフするようにすれば毎就寝時聞いてもひと月以上は充電しなくてもよさそうである。

本体だけ購入したので充電器は付いていなかった。スマホの充電器で充電して問題なく充電できた。iPodの音楽ファイルは15年くらい前から何年かの間にiTunesでCDから読み込んだ曲と落語などからなるのだが、当時から何回かPCを買い替えたりしてiTunesはインストールせずそのミュージックフォルダーだけコピーしていまに至っている。そのフォルダーをウォークマンにコピーしたのだが、再生はアルバム単位が基準になっていてその属性をもとにアーティストとかジャンルとかでも内容(いわゆる曲相当の内容)を探し再生できるようにしてあるようである。

しかし、落語については例えばある落語家の12枚組のCDがひとつのアルバムになっていて、アルバムやジャンルやアーティストから一演目再生しようとするのだが、それが終わっても次の演目の再生へと延々と続く。iPodでは演目ごとプレイリストにしていたのだが、PCの買い替えを経てそれの行方が分からなくなったあるいは失ってしまったようで、そうするには新たに作らないといけない。それでいまのiTunesをインストールしてみたが、むかしと様変わりしていてメニューを見てもプレイリストの作成・編集の仕方がよく分からないので諦めた。

ウォークマンではアルバムごとならプレイリストにするとき新しいプレイリスト作成を選ぶとそのアルバム名がプレイリスト名候補に出るのだが、一演目(曲相当)でプレイリストを新規作成しようとするとその曲名が候補に出ず空欄になるので自分で入力しなければならない。CD二枚にわたる演目なら二枚目は一枚目で設定したものが候補として出るようにはなると思われるが、なにしろ100を超える演目があるのでそれをいちいち入力する気が失せてしまった。

何か良い方法があるのかも知れないが、そういう知識のない私は、就寝時に落語を聞きながら寝入ったあとその演目が終わったら電源オフになるに近い設定をすることにした。リピートオフで選択範囲再生の設定、その演目より長い時間のスリープタイマー設定(これは毎回必要)。これで多分一演目が終わって次の演目に移ってもしばらくして電源がオフになっていると思われる。


補足: 音楽はこのところ聴かない
ウォークマンには音楽プレーヤーだから落語より音楽の曲の方が多く入っているのだが、それらはほとんど聴くことがない。私の持っている音楽CDは大半がクラッシックである。それらを主に入れてあるが、就寝時に聴くとなるとどうしても落語ということになってしまうからここのところそれらの曲を聴くことがない。それなら音楽CDをいわゆるスピーカーを鳴らすオーディオプレーヤーで聴くかといえばそれもない。人生残り少なくなって起きている時間にCD一枚1時間近くそれに集中して聴くなど、今の私には時間がもったいない。落語もそれより時間は比較的短いがやはりそれに集中して聴くことはない。起きている間には他に楽しめるやりたいことややらねばならないことがあってそういうことに時間を割く気が起きないのである。


(関連記事)
屋久島生活の断片・偏見ご免のたわごと編:
  No.187  笑うこと (あるいは iPod のこと)  [2005(H17).09.12]
屋久島生活の断片・日誌編:
  No.218  数独と落語のこと  [2007(H19).05.14]
屋久島方丈記・偏見ご免のたわごと編:
  No.35  すんなり眠りに入れること  (2011.02.07)

.   
 
  back