My logbook : 屋久島暮らし残照録 
  Home > 目次 > 記事
  日誌編:  No.136  
スズメバチトラップ_2022年の掛り始め 2022.04.17
 
今年は暖かくなったと思ったらすぐ寒くなったりしてスズメバチトラップをいつ仕掛けようかと気温の推移を見ているうちにどんどん日にちが過ぎてしまった。ハチはまだわが家の庭では見かけなかったのだが、気象情報を見ながらもう急激に寒くなることもなかろうと4月6日にスズメバチトラップを仕掛け始めた。


この10年くらいの間では大体は3月に仕掛け始めるのだが、2019年はどういう事情だったか記憶にないのだが4月7日に仕掛けている。そのときは4月19日にその年初めて掛ってそれはオオスズメバチだった。今年は4月6日に仕掛け始め4月12日にコガタスズメバチ1頭が初めて掛かった。女王バチなのか本格的な巣を作る前の働きバチなのか私にはその知識がないから分からないのだが、何となく小ぶりな印象である。

私としてはオオスズメバチが掛かり始めてくれないと何となくスズメバチ捕獲の本格シーズンが来た感じがしない。オオスズメバチはいつかかるかと待っていたら、4月15日今年初めてのオオスズメバチが1頭掛った。この時期、女王バチかと思われるが、見分ける知識がないから私には分からない。



補足: 今年の4月の捕獲数_仕掛け始めてからの年では二番目の多さ
2022.04.30
今年の4月のトラップに掛かったスズメバチの数は、2010年の59頭に次ぐ47頭だった。今年はこの勢いで行くとかなりの数が掛かるかも知れない。
(参考: 2009~2022の捕獲実績表


(関連記事)
屋久島暮らし残照録・日誌編:
  No.069  スズメバチトラップ_2021年の掛かり始め  (2021.04.07)
  No.112  スズメバチトラップ捕獲実績_2021  (2021.12.06)

  No.140  ヒメスズメバチ_今年初めてトラップに掛る  (2022.05.09)
.   
 
  back