My logbook : 屋久島暮らし残照録  
  Home > 目次 > 記事  
  偏見ご免のたわごと編:  No.101
感染患者のデータ解析結果_ワクチン接種の効果は大きそうだが 2021.09.27
  9月中旬だったと思うが、CDCが今年4月から7月半ばにかけて米国内で新型コロナウイルスに感染した患者のデータの解析結果を発表したというニュースをテレビで見た。それによると、ワクチンの接種を完了していない人は、接種を終えた人と比べ、死亡するリスクが11倍高く、入院に至るほど重症化するリスクは10倍以上高かった。また、コロナウイルスに感染するリスクは4.5倍高かったということである。

そして、私の知るいままでの情報では、ワクチンを接種していても感染することはある。そして、感染しても発病せず自分ではそれと気付かないままでいることも多い。また、ワクチンを接種していればブレークスルー感染が起こってもほとんどの場合、重症化を免れ亡くなる恐れは0.001%未満と見られるそうである。

以上から、ワクチンを接種していれば、感染してもほとんど死亡することはないということになる。あと気になるのは、ワクチンを接種していないひとが感染することについてである。ワクチン接種していて感染し無症状のひととワクチンを接種していないで感染していて無症状のひとが感染源になるのだが、それらのひと達から感染し発症したワクチンを接種していないひとの中から重症化し死亡するひとが出る可能性が大きいわけである。

ワクチンを接種したひとも接種していないひとも、感染が拡がらないように感染対策をしないと、ワクチン接種していないひとが感染したらその中から重症化し死亡するひとが出ることを防げないわけである。感染対策をしないと、突然ウイルスが弱毒化したり何か画期的な治療法が出て来なければ、ワクチン接種していないひと達のある程度が治療の甲斐なく亡くなるのを見ながら、ワクチン接種していないひと達全員感染し終わるまで待たないといけないような気がするのである。全員感染し終わったその暁には、感染して重症化しても入院出来ない状況はなくなり、それがインフルエンザ並みの病気になったということになるのかも知れない。

ワクチンを接種した人間は2年後には死ぬということを言っている外国のノーベル賞学者だというひともいる。私は政府なり専門家がこういうワクチンに否定的な意見にその都度反論してほしいと思っている。否定的な意見を言っているひとやそういう意見に接しワクチン接種に疑問を持ち接種しないあるいは接種しない方がよいと思っているひとは、ワクチンを接種していないと思われるが、そういうひとが感染し発症した場合何らかの医療をするにしてもその中から重症化し死亡するひとが出るのは致し方ないとしてその状況に耐えて治療薬の開発を待つ気なのかと気になるところである。

ワクチン効果についてのニュースを見れば、接種していれば感染・重症化・死亡のリスクは接種していな人に比べ相当低いと思われるのだが、ワクチンの長期的観点からの安全性についての情報をもっと丁寧に説明して安心させてもらいたいと私は思っている。一方、もしワクチンを接種しない方がよいと言うのなら、接種しない世の中をどうしろと言うのか、そこでどのように重症化や死亡するひと達が出る状況に対処するのか、また治療薬開発が出来るまでそういう状況に耐えるしかないのか、ワクチン接種するのは間違いだと分かるよう丁寧に説明してほしいと思っている。私はワクチンを接種しているので、ワクチン接種が間違っていないとは思っているが気になっているのである。


(関連記事)
屋久島暮らし残照録・偏見ご免のたわごと編:
  No.085  コロナワクチン_2回目の接種も済ませた  (2021.07.19)

. 
 
  back