My logbook : 屋久島暮らし残照録  
  Home > 目次 > 記事  
  偏見ご免のたわごと編:  No.168
フェムトセル_個人用携帯基地局設置の経緯 2022.09.26
  わが家ではスマホは光回線のインターネット接続ルーターを介するWi-Fiでデータ通信使用がもっぱらだった。スマホの通話はアンテナ1本がやっとで接続できなかったり、ぶつぶつ途切れたり、途中で聞こえなくなったりで、ほとんど使えない。モバイルデータ通信は時間がすごくかかって繋がっているのかどうかはっきりしないからこれも使わない。そしてコロナ禍になってからは家からほとんど出ないから、携帯料金はただスマホを持っているから払っているような状況が続いていた。

そこで携帯会社にどうにかならないか問い合わせたら、格安スマホ会社は移動使用を前提としているのでドコモ回線使用であっても電波状況調査・改善には対応はしていないということである。いわゆるキャリアでないとダメらしい。そこでドコモに電波改善してもらおうと、ドコモのahamoにMNPすることにした。

そしてドコモへのMNPの手続きが終わって、使い始めたのだが同じ回線だから当然状況は変わらない。そこで早速MNPした目的を果たすべくドコモにWebで電波状況調査を申し込んだ。数日後の6月13日に事前登録受け付けメールが来て、指定URLで問い合わせ内容を入力し申し込めと言うことなので状況を申告し即申し込んだ。6月16日それに対する受付メールが来て、電波状況に関する問い合わせは受け付けられたとあった。そして6月17日またメールがあって、ドコモの地域担当者から連絡するので、「電波のお困りごと窓口」にわが家の電話番号を知らせよということで、指定URLから電話番号を登録した。

6月20日ドコモから電話があり調査は7月19日以降になるとのことだった。そして7月15日なって電話があり20日午前に電波調査に訪問予定との連絡があった。私はわが家は電波状況が悪いのでフェムトセルにするしかないのではと告げたら、その場合手続きでNTT光回線のIDが必要なのですぐ分かるようにしておけということだった。早速NTT光回線申込内容案内の書類を見て「サービスご利用に必要なID/パスワード等」という欄に「お客様ID」というのが記載されていることを確認した。

7月20日に調査の男性二人がやって来て、状況説明確認が済んでフェムトセルの申し込みとなった。持ってきたタブレットで二つの書類を作成してくれ署名を求められたので署名した。フェムトセルは郵送されるということで接続の仕方などの説明を受けて終わりとなった。コロナ禍で限られた人員で対応しているのでかなり手続きなどで届くまでには2ヶ月くらい掛かるということだった。

そしてひと月半くらい経った9月7日、いつ頃になりそうかと思ってフェムトセル保守センターに進捗状況確認の電話をしてみた。手続きはもうすぐ終わるようだが、詳しくは鹿児島の担当部署から電話連絡してもらうということだった。1時間くらい経ったら鹿児島の担当部署から電話があって認可は下りて品物手配中なので届き次第発送となるからもうしばらく待ってということだった。

そして9月8日に品物が揃ったということで発送するとの電話があって、9月10日にその品物が届いた。早速光インターネットの既存機器に接続しいままでの機能は問題なく動作していることを確認してフェムトセルの電源を入れた。電源投入後のランプ表示と2時間くらい経ってのスタンバイ状態を示すランプ表示は設置説明書の通りになったことを確認できた。また説明書ではそのあと1週間くらいのうちに開通するということなのでときどきランプを見ながら待つことにした。

9月12日午後に開通の確認ということで電話があって、ランプ表示を確認報告したら正常に開通したということだった。そしてそのあとスマホを見てみたらアンテナ表示がフルになっていた。そこで早速電話してみると以前と様変わりで問題なく通話できた。ドコモのフェムトセルを設置しようと思い立ってから、格安スマホからドコモにMNP、電波状況調査、フェムトセル申し込みを経て、開通まで約3ヶ月かかったことになる。


(関連記事)
屋久島暮らし残照録・日誌編:
  No.166  台風14号襲来_ほとんどの情報手段役立たず  (2022.09.20)

. 
 
  back