My logbook : 屋久島暮らし残照録  
  Home > 目次 > 記事  
  偏見ご免のたわごと編:  No.057
国会の質疑をながら見の印象_因果応報 2021.02.05
  国会が開催されての予算委員会などの質疑をテレビながら見しての感想だが、コロナ関連で追及される様子を見ていると、政府は定められた制約の中でやれることをやっているのではないかという印象である。

いまの政府が何の制約もなく一番効果的な措置を講じられると仮定すれば政府が強制力を持って国民の行動や民間の活動を制限し従わないものは厳しく取り締まればよいわけである。そしてそういう措置の決断や成果の当否について国会で質疑・追及されればよいわけである。

しかしながら、野党などは政府が強い措置をとれない制約があることは分かっていて、強制力と同等並みの強い措置をなぜしない、なぜ国民や民間が政府や行政の言うことを聞かないか、それは政府のやり方がまずいからではないかと追及するわけである。国民や民間は政府が対策や措置をするもので、自分たちはそれを押し付けられるものだという意識が強い。

メディアなどではこれこれが問題だからこうしろこうしろと大声で主張して、それが実行されるとまたそれでこういう影響を受けるところがあって困った問題だと煽る無責任体質である。どんなときにも政府や行政のあら探しをして問題を煽ることに執心して、どう正しく状況を見るか、どう真実を正しく伝えるかよりは自分たちの存在感を示すことが使命と思い違いしている感がある。

こういう状況に頭に浮かんだのはケネディ大統領の就任式の言葉である。その文脈は別にしてネットで見たその部分を文字通りに見ての、「あなたの国があなたのために何ができるかを問わないでほしい。 あなたがあなたの国のために何ができるかを問うてほしい。」という言葉である。

政府や行政はいまの与党や野党やメディアのひとたちそして国民そして彼らの先達がいままでに国のあり方を選択して来た結果、すなわち自分たちが選んできた国のあり方の元で動いているのがいまなのである。そして国民や民間は政府が対策や措置をするもので、自分たちはそれを押し付けられるものという意識にどっぷり浸かっている。そういう中でその言葉は、何をさせられるかではなく何をするかを自分たちも考え提案し出来ることをやることも期待されていることを思い出した方がよいと言っていると感じさせるのである。


(関連記事)
屋久島暮らし残照録・偏見ご免のたわごと編:
  No.051  羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹いて来た_その結果がいま  (2021.01.04)

. 
 
  back