My logbook : 屋久島暮らし残照録 
  Home > 目次 > 記事
  日誌編:  No.004  
今年のスズメバチ_気温上がらず遅い出始め 2020.04.28
 
5年平均気温18℃を超えると出始めると言われている。そこでわが家では暖かくなりそうになって来たらスズメバチトラップを仕掛け始め、毎朝掛かっているかいないかチェックすることにしている。今年も日中は20℃を超える日が続くようになって、3月26日には朝の外気温が19.6℃、27日朝の外気温が19.8℃と18℃を超えて来たので、3月27日スズメバチトラップを仕掛け始めた。

ところが18℃超えは三日くらいで、そのあと4月17日まで朝の外気温が低く20日になってやっと18℃を超え20℃くらいになったと思ったら、それは一日だけでまたそのあとまた低くなって以後27日になってもわが家の朝の外気温は18℃以下である。


天気予報によれば寒気団の影響で気温が上がらず5月2日くらいから気温が上がるようである。今年は暖かい春が来るのは遅れている模様である。昨年は4月19日、一昨年は4月6日にスズメトラップにオオスズメバチが掛かり始めたが特に気温が低かったという記憶はない。また例年遅くとも4月19日以前に掛かり始めていた。

今年は朝の外気温が13.8℃の4月10日にコガタスズメバチが1頭掛かった。今年は気温が低いのに、これがスズメバチの掛かり始めである。外気温が低く平均気温も18℃は行っていない気がしていたので勘違いして出て来たのかも知れないが、そのあと二週間以上掛からない日が続いた。。そして朝の外気温が17.3℃の4月27日にオオスズメバチが1頭掛かった。十分平均気温は18℃を超えているはずだから納得で、この日から今年のスズメバチの出るシーズンが始まったというのが私の印象である。4月27日には昼にもオオスズメバチが1頭掛かった。


(関連記事)
屋久島方丈記・日誌編:
  No.517  スズメバチトラップの掛かり始め_2019  (2019.05.06)
  No.553  スズメバチ2019シーズンは終わったよう  (2019.11.29)

.   
 
  back